タグ付けされた質問 「calibration」

3
プリンターの加速値を決定するにはどうすればよいですか?
プリントヘッドの方向が変わると、プリンタはプリントヘッドを加速および減速する必要があります。正しくキャリブレーションされると、プリンターはこれをすばやく行うことができ、プリンターを大きく揺さぶることなく、印刷プロセスを大幅に遅くすることもありません。 設定が高すぎると、特に充填中にプリンターが激しく揺れます。設定が低すぎると、印刷時間が2倍または3倍になります。 印刷で問題を引き起こすことなくプリンターが使用できる最速の加速度値を決定するために、どのプロセスに従うことができますか(またはどのように計算することができますか)? 特に数式にマジックナンバーが含まれる場合は、値をプラグインできる数式をフォローできるプロセスが望ましいです。

12
y軸がスリップする原因は何ですか?
時々、印刷中に私のy軸がスリップし、レイヤーがそのポイントから前方に移動し、印刷が台無しになります。 軸が滑る原因は何ですか?暖かくなってきたと思われるモーターを冷却しようとしましたが、ベルトがきつすぎません。 これはすべての印刷で発生するわけではなく、断続的な問題のようです。 私のプリンターはMendelMax RepRapで、y軸は私の移動ベッドです。

1
ヒートタワーはどのように使用しますか?
私は与えられたフィラメントに適切な温度を選択する方法について周りに尋ねてきました。2つの異なるブランドのplaでは異なる温度で印刷する必要があることに気づき、メーカーは幅広い印刷温度を指定しています。 私はヒートタワーについて聞いており、thingiverseのさまざまな例を見つけました。 私の質問は、実際にどのように印刷するのですか?そして、どのように結果を判断しますか?

1
加熱前にZプローブを実行するようにCuraを構成する方法
スライシング/印刷ソフトウェアとしてCuraを使用しており、BuildTak印刷面の使用を開始しました。 BuildTakは、ホットノズルを押し込むと損傷し、プリンターの(Robo3D R1 +)自動レベリング機能は、ノズルをビルドサーフェスに押し込むことで機能します。 最初にZプローブを実行し、次にノズルを加熱するようにCuraを構成する方法はありますか? BuildTakの最初のシートにはすでに10個の小さな穴があります(ホーミング位置と9個のレベリングタッチポイント)。

4
サイズの大きい穴のあるオブジェクトの設計/印刷
ネジなど、特定のサイズの穴を含む必要のある部品を印刷しようとする場合、それらのサイズを正しく設定するにはどうすればよいですか? プリンターを完全にキャリブレーションして、すべての一般的なサイズ(たとえば、2mmの直径から開始)で正しいサイズの穴を印刷することは可能ですか?または、穴を大きくするか、プロトタイプを印刷して、実際の印刷に従ってサイズを大きくする方が良いでしょうか?

3
DIYプリンターの温度と速度を決定しますか?
私は、より良い部品と電子機器で再構築している2台の壊れたプリンターを使って、学習の道を進んでいます。 私が認識していることの1つは、サーミスタ/熱電対および/または非OEM部品と交換されたプリンターボードがあったすべてのホットエンドまたはヒートベッドが、それ自体の温度を正確に報告すると信頼できる可能性がかなり低いことです。 確かに、マルチメーターやIR温度計などのサーミスターを使って校正する場合のように、妥当な範囲で正確に測定できるようにするためにできることはたくさんありますが、それぞれの方法には制限があります。2番目のサーミスタが両方とも正しく取り付けられているかどうか、またはプリンタのサーミスタと同じローカル温度を読み取っているかどうかはわかりません。IR温度計には、反射面(アルミニウムホットエンドやビルドプレートなど)に関する問題があります。実験データからのサーミスタ定数の較正は完全ではありません。 私見では、DIYセットアップのホットエンド/ヒートベッドの温度は、±5°Cほど一定していない可能性があります。 プリンタはPID制御のヒーターを使用して、振動を摂氏1〜2度に抑えています。これは、印刷の品質に影響を与えるためです。 温度がプリンター/フィラメントに対して「正しい」かどうかを知るための良い視覚的または実験的な方法はありますか?IOW、フィラメントが220°Cに加熱されるはずだった場合、220°Cを報告しているときに「真の」温度が215°C(または225°C)しかないため、プリンターに問題があるかどうかをどのようにして知ることができますか? 私が経験した一般的な問題の1つは、レイヤー1からレイヤー2への移行後にノズルが詰まることです(レイヤー1 =熱が高く速度が遅い、レイヤー2+ =熱が低く速度が速い)。どの要因を把握するのが大変でした。 (より低い熱またはより速い速度)移行後の詰まりのせいです。


1
文字列を回避する方法?
印刷の不規則性や糸引きを回避するにはどうすればよいですか。使用したプリンター:Fortus 450mc モデル:PC モデルのヒント:T10 サポートのヒント:T12SR サポート:SR-100 スライスの高さ:0.0050インチ Grabcadプリント(インサイト付き)を使用して2つのオブジェクトを印刷しました1)ボロノイベア:ボロノイベアの下部にレイヤーがありません/接続されていないレイヤーがあります。少し紐を張っていることにも気づきます。 2)中空チャネルのあるシリンダー:シリンダーには目に見える糸がたくさんあり、チャネルの1つがわずかに変形しています。 添付画像をご参照ください。 追加の詳細が必要な場合はお知らせください。

2
Deltaプリンターの歪み
Aタワー、BおよびCタワーに合わせて4つのドットを配置して、少しテストを行いました。距離WとSはstlで同じですが、印刷では異なります。私は斜めの根の異なる値を試してみましたが、Sは常にWより小さく、すべてのSは等しく(多かれ少なかれ38.20mm)、すべてのWは等しくなります(多かれ少なかれ40.80)。WとSは40mmになると思います。この問題を解決するにはどうすればよいですか? 更新: これが私が使用するstlです:https ://www.dropbox.com/s/2vwjbo387cmk5qa/DeltaCalibration%20v15.stl?dl=0 更新: タワーBのステッピングモーターを交換しましたが、結果は同じです。

1
Folgertech FT-5:Gコードを正しく読み取っていないようです
最近、FolgertechからFT-5を購入し、約1週間前に組み立てを完了しました。印刷を成功させるにはまだ至っていません。ファイルが正しくスライスされていないか、Gコードが正しく読み取られていない可能性があります。パーツの最初の外周層を配置し、ビルドプレートをy方向に数mm下に移動し、別の外周層を押し出してから繰り返します。私は、Curaをスライスソフトウェアとして使用して、SDからUSB経由で印刷を試みましたが、同じ結果が得られました。 すべてのベルトとプーリーの締め具合を再確認しました Y-Driverは不良だったので、最初はボード上のスペアと交換して問題を解決しました。 Marlin V3ファームウェアのコード全体を調べたところ、すべてが正常に見えるようです。 MKS Gen V 1.4 w / Arduino Mega 2560 Arduino 1.6.5 / 1.6.6 / 1.6.7を使用してみました XYZステップ/ mmを校正しました 機械的な動きとオフセットはすべて正しいようです。プリンタは問題なくPronterfaceに接続します。また、マシンとUSBから正常に動作し、これらのプロセス中に必要な場所に移動します。繰り返しになりますが、Gコードを解釈しようとするときに問題が発生しているようです。同じ運で、さまざまなソースからの複数のGコードファイルも試しました。 誰かが同様の問題の経験を持っているか、何か助けを提供できるなら、それは大歓迎です。私は何が起こっているのか見当がつかない! 赤いフィラメントは、今朝5 mmのキャリブレーションキューブを印刷しようとする試みです。このキャリブレーションキューブがどのように見えるかの例が、白いキャリブレーションキューブの写真に表示されています。

5
ノズルが前の層をこする
最近作成したカスタム3Dプリンターでイライラする問題が発生しているため、3つ目のレイヤーから作成したすべての印刷で、ノズルは既に配置されたフィラメントに「擦れ」ています。これは完全な混乱を引き起こし、前の層をノズルで溶かします/新しい押し出しが来て、奇形になり、精密な形状から外れます。冷たい材料への摩擦)。この症状を止めるには、この最初に、T8ヒューズを約1/8回転させて手でZ軸を上げる必要があります。これを行うことにより、私の印刷の残りの部分はすべて平和で、美しく、美しく実行されます。 Marlin Firmware、最新バージョン、およびUltimaker Curaを使用しています。ノズルのサイズは0.5で、Ultimaker CuraのFine Preset(高さ0.1mm)を使用しています 私のステッピングモーターの軸は非常によく調整されています(X、Y、Z、Extruder)。私は試した: プリントベッドを上下させて、最初のレイヤーを間隔を空けたり縮めたりして、何か助けになるかどうかを確認します。 ディスプレイ上のZホームオフセットを変更しようとしましたが、 M206コマンドでZ軸の印刷ゾーンを変更しようとしましたが、 Ultimaker Curaの最初のレイヤーの高さを変更しようとしました、 しかし、私の問題を解決するものは何もないようです。 経験不足のため、この苛立たしい問題を解決するために何ができるかわかりません。私はすでに自分の機械的構造をチェックして再チェックしましたが、すべてがしっかりしていて、バランスが非常によく、正方形でした。 コメントから: 印刷速度は40 mm / s、 臨時雇用者: ホットエンド:220°C; ホットベッド:120°C; 私も110°Cを試しましたが、 私のZ軸は、800ステップ/ mmを使用します(RAMVでDRV8825で1/32マイクロステップ)。 押し出し過ぎについて考えていますが、ステッパーを微調整し、チェックして再チェックしましたが、正常に見えます

3
別のレイヤーの高さに切り替えるたびにZプローブのオフセットを再キャリブレーションする必要がありますか?
Zプローブのオフセットをキャリブレーションするとき、レイヤーの高さについて実際に考えていることは決してありません。0.1mmレイヤーよりも0.3mmレイヤーの方がノズルを高くしたいので、これは明らかに見落としです。 この認識の後、次の質問が出てきます。別のレイヤーの高さに切り替えるたびに再調整する必要がありますか?または、スライサーは参照レイヤーの高さ+プローブオフセットを保存して、すべての印刷の適切な開始高さを推定できますか?それとも、このフラストレーションを回避するために、プリント全体で最初のレイヤーの高さを一定に保つのが最も賢明ですか? それが重要であれば、私のプリンターはPrintrbot Simple Metalで、私のgotoスライサーはCuraです。
弊社のサイトを使用することにより、あなたは弊社のクッキーポリシーおよびプライバシーポリシーを読み、理解したものとみなされます。
Licensed under cc by-sa 3.0 with attribution required.