タグ付けされた質問 「star-formation」

6
太陽は回転していますか?
惑星は、それらの創造の後効果として回転し、圧縮したダスト雲は、そのように広がり、それ以来、慣性がそれを回転させ続けました。 惑星体がそれぞれの地平線を横切って動くのを見るだけで、惑星体が回転していることを証明するのはかなり簡単です。 しかし、これは太陽の場合にはアマチュア天文学者にとって見分けにくいようです。 太陽もその創造の副産物として回転しますか?これを裏付ける証拠はありますか?太陽には、回転していることを明確にする識別力のある特徴がありますか?



2
ある時点で新しい星の形成は止まりますか?
すべての星雲のおかげで、新しい星が宇宙に形成され続けます。今、私たちは星を形成するために水素を必要とします、そして、すべての水素が使い果たされて、理論的にこれ以上の星形成が起こらない時があります。 実際にそのような時点はありますか?星ができた後、水素が補充される場所はないと思います。または、フィードバックサイクルはありますか?



2
軽い要素は、どのようにして太陽系の中心に配置されましたか?太陽系形成
有名な前世代の星は、太陽系のすべてのより重い元素(鉄まで?)の起源です。そのため、実際には、太陽系の質量の大部分は炭素、シリコン、鉄などで構成されています。しかし、中心に、そして中心にのみ、おそらくほとんど重元素を中に含まない星があります。それはどうしてですか?実際の質量濃度について間違っていますか、それとも本当に不均衡がありますか、つまり、元素分布は太陽系の中心に向かって本当に軽くなっていますか?私は、前世代の星が多かれ少なかれ均一なデブリの雲で終わり、そこから太陽系が形成されたと推測します。しかし、もしそうなら、なぜ星が非常に異なる組成を持ち、一種の散らばった、汚れた融合機のような星系がないのですか?

2
連星システムはどのように作成されますか?
システムに2つの星(またはそれ以上)が存在するのが一般的であることはわかりませんが、どのように発生しますか?それは恒星降着円盤によるものですか、それとも恒星星雲の組成によるものですか?またはそれらのほとんどは星の衝突によって作成されますか?

2
原始惑星系円盤は主系列星を形成できますか?
@Enviteがより一般的な議論の文脈で指摘したように(一般化された惑星を参照?)、原始惑星系円盤が主系列星(MS星)を形成する可能性は中程度であるようです。 ここでの主な論点は、木星の質量が約であるのに対して、原理的にはMS星になるには少なくとも質量が必要だということです。また、星や褐色d星を含むHD 29587など、少数のシステムがあり、原始惑星系円盤から形成されている可能性があります。 0.07 M ⊙10− 3M⊙10−3M⊙10^{-3}M_\odot0.07 M⊙0.07M⊙0.07M_\odot したがって、いくつかの質問。原始惑星系円盤に低質量のMS星を形成できますか?いいえの場合、なぜですか?はいの場合、どのくらいの頻度で発生しますか?はいの場合、褐色of星とは対照的に、物体の1つがMS星になった場合、惑星系のその後の力学にどのような影響がありますか? 繰り返しになりますが、@ Enviteに感謝します。

2
将来の星の数はどのようになりますか?
星がゆっくりと水素を消費し、より重い元素を宇宙に放出すると、より多くの金属とヘリウムが豊富な星雲から未来の星が形成されます。 問題は、ヘリウムと金属の比率の増加が星の形成と星の進化にどのように影響するかです。 初めにコアのヘリウムと金属が増えたということは、星が進化した状態で生命が始まり、より早く死ぬことを意味しますか?

2
回転するブラックホールの周りの星形成?
素人質問、失礼します。歯科処置中に何が起こっているのかを考えようとしたとき、私の心は回転するブラックホールに近い星のモデルと描かれた物質への影響に目を向けました。 そのような物質が高温に励起されることは明らかですが、回転と励起の組み合わせで、持続的な核融合反応を引き起こすのに十分でしょうか? もしそうなら、これはイベントの地平線で核融合の「リング」を維持するのに十分なエネルギーを生み出しますか-本質的にドーナツ星ですか? 軽い元素を作り始めるのに十分な反応がありますか? 気を散らそうとする試みから生まれた純粋な好奇心

2
新しく生まれた星からのジェットの原因は何ですか?
生まれたばかりの星は、しばしばガスのジェットを高速(数百km /秒)で噴出し、しばしばハービックハロオブジェクトで終わります。私が理解しているように、それらのジェットは星の磁場と関係があるのでしょう。 これはどのように作動しますか?磁場はどのようにして物質の高エネルギー放出を引き起こすことができますか?
弊社のサイトを使用することにより、あなたは弊社のクッキーポリシーおよびプライバシーポリシーを読み、理解したものとみなされます。
Licensed under cc by-sa 3.0 with attribution required.