タグ付けされた質問 「prusa-i3」

Prusa i3は、JosefPrůšaのRepRap 3Dプリンターデザインの3番目のイテレーションです。これはオープンソースの設計であり、個々のメーカーに関係なくタグを使用する必要があります。特定の製造元またはモデルを個別のタグとして追加することができます。

5
元の加熱されたアルミニウムベッドの上にあるプリントベッドにドルストアの写真ガラスを使用していますか?
アルミ製の温床で印刷するのは本当に大変です...掃除すると、傷がついてしまいます(乾燥したヘアスプレー/接着剤などを削り落とそうとします)。 私は家に帰る途中でドルの店に立ち寄って、いくつかの額縁を取り、それらからのガラスを交換可能なガラスベッドとして使用することを考えていました-これはまた、レベルを再調整する必要なく、それらをプリンタから取り外して掃除するのが簡単になりますアルミベースが滞在するたびにベッド。 あなたはそれの品質は印刷しても大丈夫だと思いますか?(熱に耐える、十分に平らになるなど)私はそれを紫色の接着剤でコーティングすることを計画しています。 参考:PLAの印刷、Prusia i3プリンター。

2
Prusa i3 RepRapプリンターでホームポジションはどのように機能しますか?
Prusa i3はどのようなプロセスでホームポジションを決定しますか? 私はそれがこのように機能していると感じていますが、私はそれについて完全に確信がありません: エンドストップがどれもアクティブになっていない場合。Max-X、Max-Y、Max-Zと0,0,0の間にあると仮定します。 行う Axiesの軸用 軸エンドストップが信号を送っていない場合 軸から100ステップを減算します。 エンドストップが信号を送っていない場合、またはポイント0、0、0に到達していない場合。
10 prusa-i3  reprap 

5
PLAの線がベッドにくっつかない
最初のレイヤーに表面積の多いオブジェクトを印刷すると、そのレイヤーの一部が盛り上がり、最初のレイヤーに隙間ができます。こちらが2枚の写真です。最初のものは、いかだ付きの印刷であり、2番目のものは、いかだなしでした。3M Paintersテープ、200の押出機温度、60のベッド温度で印刷しています。HatchboxPLA Filimentを使用しています。

3
PLAフィラメントがらせん状になり、押出機を詰まらせるのはなぜですか?
新品のPLAフィラメントを使用しており、押出機で目詰まりが頻繁に発生しています。 2つの異なるベンダーの2つの異なるフィラメントでこの問題が発生しました。 それは問題なく印刷され、詰まります。詰まるまでに5分以上経過していないようです。目詰まりしてフィラメントを引き抜くと、常にコルクスクリューのようにらせん状(らせん状)にねじれます。下に下駄の写真を2枚入れました。 私は220度の温度を5度刻みで180度まで下げてみましたが、同じ結果が得られるようです。70度加熱ベッドにベースレイヤーGREATを印刷します。反りや剥がれがありません。ただし、数層後、詰まり、押し出しが停止します。 1台の押出機ヘッドを備えたHIC PRUSA I3プリンターを使用しています。プリンターは数週間しか持っていません。それはABSでうまく印刷されていましたが、ABSは加熱されたベッドからはがれるので、誰かがPLAとヘアスプレーを使用することを提案しました。ヘアスプレーは素晴らしいです!それは本当によくつき、(ベッドが少し冷めると)同様に簡単に取り除きます。 押出機が詰まり、フィラメントをコルクスクリュー形状にねじるだけで同じ問題が発生した場合は、お知らせください。 ちなみに、下の緑のフィラメントの黒いマークには注意しないでください。それはちょうどそれがまだ押し出されているかどうかを確認するためにシャーピーマーカーで約0.5インチごとにマークするだけです。 私は問題を理解したと思います。さて、解決策を見つけるために...下の画像を見てください。発熱体からヒートシンクまでの1インチのチューブがあります。この1インチのチューブは本当に熱く、1.75mmを超えます。そのため、フィラメントは、ヘッドまでの途中でそのチューブを通過し、チューブ内で柔らかくなります。これは、チューブがヘッドまでずっと非常に高温であるためです。フィラメントが熱くなると、溶けて曲がり、カールして、加熱された先端に押し込まれ、印刷しているものに押し出されなくなります。 解決策は、ヒートシンクと加熱されたヘッドの間のこの1インチのシャフトを冷却して、内部のフィラメントが溶けないようにする方法を見つけることです。 何か案は??? これが私のヒートチップの写真です。シャフトがヒーターから突き出ている約1インチに注意してください。その上部(白い矢印の上)はヒートシンクの内側にあります。しかし、その3/4インチはむき出しで覆われていません。金属製のど内部にはテフロンチューブもありません。


2
P3SteelのZ軸上部ブラケットは、v1.x / 2.xとv4で異なります
私はP2Steelフレームのバージョン2.xとバージョン4の違いを研究しています。特に、フレームの上部にあるAC08ブラケットは、左側と左側の両方のZ軸の滑らかなバーとねじロッドの上部を固定しています。右側。これは、バージョン1.xのレーザーカットパーツで、AC08というラベルの付いたパーツを示しています。 バージョン1.x / 2.xには2つの穴が付いたAC08ブラケットがあり、1つはねじ付きロッド用で、もう1つは滑らかなバーの上部用です(レーザーカット画像から): ただし、バージョン4では、対応する上部Z軸ブラケットには、スムーズバー用の穴が1つだけあり、ねじ付きロッドの上部を保持するベアリング用のくぼみがあります(Twitterから)。 これは、P3SteelのRepRap Wikiページのv4セクションにリストされているgoogle docsリポジトリの図のクローズアップです。これは、インデントに対して明らかに「静止」しているベアリングアセンブリを示しています。 これは、バーとねじ付きロッドで示されているブラケットです(ここでもgoogle docsから): バージョン1.x / 2.xのように、ねじ付きロッドの上部が穴で固定されていない理由を誰かが知っていますか?それは特にしっかりと保護されているようには見えません。 バージョン4変更の一覧の下に、参照2.フレームバージョンは、それが言及されています。 エクストルーダーがZ軸のトップブラケットに当たらない これが変更が加えられた理由ですか?

3
Prusa i3を配線するときにArduino Megaを燃やさないように、または何かに火をつけないようにするためのヒントは?
Arduino Mega 2650とRamps 1.4を使用して電子部品をPrusa i3に配線する方法について読んでいます。 私はステップスティック、加熱ベッド、およびスイッチング電源12v Dc 30a 360wを持っています (これについては、後でポストに追加できるときに詳しく説明します)。 間違って配線して差し込んだ場合、火災の発生からボードの焼損まで何でもできると聞きました。 プラグインする前に確認すべきヒントは何ですか?回避できる一般的な間違いはありますか?

3
3Dプリンターのステッピングモーターは一方向のみに移動し、反対方向にスキップする
いくつかの3Dプリンターを構築しましたが、現在使用しているプリンターで少し問題があります。私はこれを、私が作成した他の2つのプリンターでフランケンシュタインしました。私はArduinoメガを取り、古いものから1.4にランプし、それを新しいものに配線しました。プリンターを接続してステッパーモーターを動かそうとすると、正の方向に進み、逆方向に進むとスキップして大きな音がします。私はすべてのワイヤーを取り出して分離し、それが漂遊信号ではないことを確認しました。私も運が悪いのでドライバーの電圧を上げ下げしてみました。また、ケーブルが破損した場合に備えてケーブルも交換しました。家に帰ったら、次のステップは、古いステッパーを接続して、機能するかどうかを確認することです。その後、私はかなり途方に暮れています。私はすでにGoogleを検索して、いくつか試すことができるものを見つけましたが、これがなぜ起こっているのか、ここの誰かが答えを持っているのではないかと考えました。古いプリンタのステッピングモーターは新しいものと同じですが、違いは製造元のみです。 更新:プリンターは:HE3d Prusa XI3 Max Micron Foldbot LCD、Ramps 1.4、およびHe3dのArduino Mega 2560 R2を使用して、Foldbotに配置しています。他のいくつかの機能がありますが、両方のプリンターで機能するため、これらは重要ではありません。Foldbotのボードは、ランプボードMXP_PRO_V3.0に組み込まれたArduino Mega 2560です。写真を撮ってみます。また、ステッパーの切り替えも機能しませんでした。X、Y、Z軸を個別に動作させようとして、問題をそのように見つけることができるかどうかを確認します。 更新:わかりましたので、古い軸を取り付け、エンドストップでテストを行いました。基本的に、新しいエンドストップは、モーターを両方向に回転させ、離すと正の方向にのみ回転するエンドストップを押したときに、他のプリンターが引き起こしたものとは逆である必要があると思います。これが問題の一部であるかどうかを確認します。また、モーターの1つが故障していると私は思います。そのため、最初に診断したときに、意味がありませんでした。

1
Zオフセットが正しくありません
Repetierホスト1.6.2。RH1.6.2でSlic3rとCuraEngineを使用してプリントをスライスしました。 OK、問題があります。Zオフセットが機能しません。 フラッシュされたEEPROMがクリアされました。 ファームウェア内でEEPROMとCHIT CHATを有効にした。 Marlinファームウェア1.0.2-1の安定版に-0.4を設定してフラッシュしました。 G28; ホーム軸= G29で動作します。自動レベル= G28で機能します。ホームに戻り、Zを0.4 G1 Z0に設定します。ノズルを0.4から0に下げるので、これも機能します。 しかし、Repetierホスト1.6.2で最新のスライサー/ curaengineを使用してスライスすると、印刷を開始する前に0.4 mm下がりません。最初のレイヤーを0.2mmに設定しましたが、最初のレイヤーの印刷を開始すると、0.4(ホームZが0.4になった後)から0.2ではなく0.6に変わります。... これを修正するには? Gcode start:; Cura_SteamEngine 15.01で生成されました; デフォルトの開始コードG28; 家庭用押出機G29; 自動レベルG1 Z15 F100 M107; ファンG90をオフにします。絶対配置M82; 絶対モードの押出機M190 S35; 使用されているすべての押出機M104 T0 S230 G92 E0をアクティブにします。押出機の位置をリセットします。使用されているすべての押出機が温度M109 T0 S230に達するまで待ちます。レイヤー数:226 更新:それは間違いなくRepetierまたはそれのスライサーです。Cura 15.04.6を使用していますが、印刷時にマーリンに設定されたオフセットも計算されます。新しいのでCura 2.1を使用しようとしていますが、Cura 2.1で印刷USBオプションを取得できません:/ 更新2:わかりません。最初の4層は非常にきれいに印刷されていましたが、突然、0.5mm以上上に移動し、そこで空中で印刷を続けました。 更新3:本当にわかりません。昨日: 今日:

2
「センサーを無効にする」gcodeの何が問題になっていますか?
Prusa i3 MK3のフィラメントセンサーではうまく機能しない半透明のPLAフィラメントのスプールがあります。半透明性によりセンサーがトリップし、フィラメントがなくなったと見なされます。Slic3rでフィラメントプロファイルを作成し、エクスポートされたgcodeファイルの先頭に挿入される「Start G-code」ブロックでセンサーを無効にすると思いました。 私は次のコードを持っています: M900 K{if printer_notes=~/.*PRINTER_HAS_BOWDEN.*/}200{else}30{endif}; Filament gcode M406 ; Disable filament sensor M117 Filament sensor OFF 最初の行は、PrusaのデフォルトのPLAプロファイルによって提供されます。2行目はセンサーを無効にし、3行目は「フィラメントセンサーオフ」メッセージを出力する必要があります。私がgcodeを見ると、そこにあります: G92 E0.0 M221 S95 M900 K30; Filament gcode M406 ; Disable filament sensor M117 Filament sensor OFF G21 ; set units to millimeters G90 ; use absolute coordinates M83 ; ...

3
Z軸ステッパーとベッドの位置合わせの問題
私は実際にこれを解決しましたが、既存の質問で答えるのは簡単ではないと私は思うまだ有用な質問だと思います。 ANET-A8(Prusa i3 DIYキット)を組み立てた直後に、押出機がベッドに衝突する問題が発生していることに気付きました。ベッドのレベリングは問題なく調整できたと思いましたが、キャリブレーションがめちゃくちゃになってきたようです。 これを2つの要因に分類しました。最初に、フィラメントをロードして印刷を開始する前に、押出機のヘッドを少しだけ巻き上げました。第2に、軸のほぼ半分の位置で、右側のスレッドが動かなくなっているように見えます(下に移動するよりも上に移動する場合が多い)。 この問題の原因となる可能性があるのは、不明な点(および作成手順に記載されていない点)です。

2
誘導型近接センサーと磁石を使用した自動ベッドレベリング
私は最近、誘導型近接センサーとPrusa i3のアルミニウムビルドプレートを使用して自動ベッドレベリングにアップグレードすることを決めました。また、ネオジム磁石を使用して4点でビルドプレートを固定しようとしました。磁石はボルトでYキャリッジに固定され、スチールワッシャーはアルミニウムビルドプレートの底部に接着されています(アルミニウムは磁性ではないため)。 誰かがこれを試みたかどうか、結果はどうだったか、そして発生した問題を知りたいのですが。私の主な懸念は、磁石によって生成される小さな磁場と、プレートをプローブするときのセンサーとの間の干渉の可能性です。この質問は少々自由回答のように聞こえるかもしれませんが、これがうまくいくかどうか知りたいだけです。私が見逃した可能性のある詳細について、フォローアップの質問をしてください。ありがとうございました。 PSまた、関連性がある場合に備えて、加熱されたビルドチャンバーがあるため、加熱されたビルドプレートを使用する予定はありません。

2
Prusa i3でZ軸モーターを並列に配線するにはどうすればよいですか?
i3の配線図には、小さな回路基板、ブレッドボードなどがあります。 また、z軸モーターは並列に配線する必要があると述べられていますが、それを超えると、部品やワイヤーの入り方に関する詳細はわかりません。 誰かがこれについてもう少し詳しく教えてもらえますか?
弊社のサイトを使用することにより、あなたは弊社のクッキーポリシーおよびプライバシーポリシーを読み、理解したものとみなされます。
Licensed under cc by-sa 3.0 with attribution required.