タグ付けされた質問 「fresnel」

2
拡散反射光と鏡面反射の用語を適切に組み合わせる方法
私が理解する限り、BRDFでは、フレネル項は、光子が表面に衝突したときに反射または屈折する確率を示しています。 反射した光子は鏡面反射の項に寄与し、屈折した光子は拡散の項に寄与します。したがって、物理的な方法で、材料の色に対する光の寄与を決定するとき、私はただ書きたいと思う: // Assuming for example: // diffuse = dot(L, N); // specular = pow(dot(H, N), alpha) * (alpha + 2.0) / 8.0; // fresnel = f0 + (1.0 - f0) * pow(1.0 - dot(E, H), 5.0); color = lightIntensity * Lerp(diffuse * albedo, specular, fresnel); しかし、このように書かれたのを見たことがありません。フレネル項に従って重み付けされた鏡面反射項を見ましたが、拡散反射光項は見ていません。主に参照されているPBRに関する記事で、セバスチャンラガルドは、拡散項の重み付けにを使用することは正しくないと述べています。(1 − F)(1−F)(1 - ...

3
金属の高い鏡面性を説明するものは何ですか?
私の理解では、鏡面反射光カラーは通常、表面が垂直入射で照らされたときに反射される光の量を指し、またはと表記されています。さらに、非金属材料の場合、この値は材料の屈折率から計算され、式はフレネル方程式から導き出されます(1は空気またはボイドの屈折率): R 0 nF0F0F_0R0R0R_0んnnF0= (n − 1 )2(n + 1 )2F0=(n−1)2(n+1)2F_0 = \frac{(n - 1)^2}{(n + 1)^2} ウィキペディアの屈折率のこのリストによると: 通常、固体材料のは1.46(溶融石英)〜2.69(モアッサナイト)です。つまり、0.03と0.21の間のです。んnnF0F0F_0 液体のは通常1.33(水)から1.63(二硫化炭素)の間です。私が間違っていなければ、は0.02と0.057の間のを意味します。んnnF0F0F_0 通常、ガスのであるため、を0 と想定してもありません。F 0N ≈ 1n≈1n \approx 1F0F0F_0 これらの値はすべて非常に低いです。ダイヤモンド()やモアッサナイト()などの高屈折率の結晶でも、20%を超えることはほとんどありません。しかし、ほとんどの金属の値は50%を超えています。さらに、上記の式は金属には当てはまらないことを何度も読んだことがあります(これを使用しようとすると簡単に確認でき、完全に間違った結果が表示されます)。これ以上の説明はありません。F 0 = 0.21 F 0F0= 0.17F0=0.17F_0=0.17F0= 0.21F0=0.21F_0=0.21F0F0F_0 この違いを説明する現象は何ですか?金属のをどのように計算できますか(特に、接触している媒体が水のように1とは異なるIoRを持っている場合)?F0F0F_0

2
物理ベースのBRDFでは、フレネル係数の計算にどのベクトルを使用する必要がありますか?
フレネル係数のよく知られたシュリック近似は、次の方程式を与えます。 F=F0+(1−F0)(1−cos(θ))5F=F0+(1−F0)(1−cos(θ))5F=F_0+(1 - F_0)(1 - cos(\theta))^5 そしては、表面法線ベクトルとビューベクトルの内積に等しい。cos(θ)cos(θ)cos(\theta) 実際の表面法線または半ベクトルHを使用する必要があるかどうかは、まだはっきりしていません。物理ベースのBRDFでどちらを使用する必要がありますか。その理由は何ですか。NNNHHH さらに、私が理解している限り、フレネル係数は、特定の光線が反射または屈折する確率を与えます。そのため、なぜこの式をBRDFで引き続き使用できるのかを理解するのに苦労しています。 この観察は、が来る場所だと私に思わせる傾向がありますが、代表的な法線のフレネルが実際のすべての法線のフレネルを積分することと同等であることは私には明らかではありません。HHH
11 brdf  pbr  integral  fresnel 

2
ハーフベクトルが拡散BRDFフレネル計算で使用されないのはなぜですか?
私は現在、アールハモンJrのプレゼンテーションPBR拡散照明(GGX + Smithマイクロサーフェス用)(現在は[PBR、p.XYZ]と呼ばれています)を使用しており、ブレントバーレイの物理ベースのシェーディング(現在は[DIS 、p。XYZ]をクリックして、適切な拡散BRDFコンポーネントを取得します。この2つをフレネル項と組み合わせることに行き詰まっています。 私が使用するベクトルと角度の簡単な紹介: ωiωi\omega_iは光ベクトルです ωoωo\omega_oはビューベクトルです ωnωn\omega_nは通常のマクロジオメトリです θiθi\theta_iはと間の角度ですωiωi\omega_iωnωn\omega_n θoθo\theta_oはと間の角度ですωoωo\omega_oωnωn\omega_n θhθh\theta_hはと間の角度ωnωn\omega_nωhωh\omega_h αhiαhi\alpha_{hi}はと間の角度ωiωi\omega_iωhωh\omega_h αhoαho\alpha_{ho}はと間の角度(この区別は明確にするためです)ωoωo\omega_oωhωh\omega_h αhαh\alpha_hは等しいので、、いずれかの角度ですαhiαhi\alpha_{hi}αhoαho\alpha_{ho} ここで、はフレネルファクターのないスペキュラーコンポーネントのBRDF項であり、はフレネルスタッフのない拡散コンポーネントの項なので、フレネルファクターはとして記述されます。[PBR、p.105]は、拡散光が2回透過されると述べています。したがって、フレネルコンポーネントは2倍する必要があります。[PBR、p。106]は続けて、フレネルの法則はsymmetrixであると言います。つまり、出入りは方向に依存しないことを意味します(つまり、いったん空気から材料に入って、いったん空気から出ても問題ありません)。今、私は(が入るためのフレネルであり、が材料を出るためのフレネルである)と仮定するとrsrsr_srdrdr_dF(angle)F(angle)F(angle)F1F1F_1F2F2F_2 (1−F1(αhi))∗(1−F2(αho))(1−F1(αhi))∗(1−F2(αho))(1-F_1(\alpha_{hi}))*(1-F_2(\alpha_{ho})) F1F1F_1とは同じ関数であり、とは同じ角度なので、F2F2F_2αhiαhi\alpha_{hi}αhoαho\alpha_{ho} (1−F(αh))2(1−F(αh))2(1-F(\alpha_h))^2 これはbrdfつながります:fff f=F(αh)∗rs+(1−F(αh))2∗rdf=F(αh)∗rs+(1−F(αh))2∗rdf = F(\alpha_h) * r_s + (1-F(\alpha_h))^2 * r_d しかし[PBR、p.113]と[DIS、p.14]の両方が f=F(αh)∗rs+(1−F(θi))∗(1−F(θo))∗rdf=F(αh)∗rs+(1−F(θi))∗(1−F(θo))∗rdf = F(\alpha_h) * r_s + (1-F(\theta_i))*(1-F(\theta_o)) * r_d Shirelyらによるこの種の計算を使用するための元の論文と同様に。1997.私はこれを取得できません。なぜそれらはマイクロファセット角度からマクロ角度に変わるのですか?マイクロファセット角度はエネルギー会話につながります F∈[0,1]F∈[0,1]F \in [0, 1] ⇒(1−F)∈[0,1]⇒(1−F)∈[0,1]\Rightarrow(1-F) \in [0, 1] ⇒(1−F)2∈[0,1]⇒(1−F)2∈[0,1]\Rightarrow(1-F)^2 \in [0, ...
8 brdf  pbr  diffuse  fresnel 
弊社のサイトを使用することにより、あなたは弊社のクッキーポリシーおよびプライバシーポリシーを読み、理解したものとみなされます。
Licensed under cc by-sa 3.0 with attribution required.